キャッシングの比較サイト

キャッシングを考えた時に困るのが、たくさんのキャッシング会社がありすぎて、どこでキャッシングをすればいいのかがわからない事ですね。

テレビCMで有名な所だと安心できそうだし、大手銀行なら、それもまた安心だし…。

 そんな時、的確な情報を得られるのが、インターネットのキャッシング比較サイトです。

系列別に紹介されていたり、低金利のキャッシングを集めて比較していたり、無料金利のようなサービスを集めて比較していたりと、細かな分類でキャッシング会社を紹介しているのでとても便利です。

 自分がキャッシングをする際に重要視するポイントをしっかりピックアップして見ましょう。

そのポイントを比較サイトで比べると、自分に合ったキャッシングを見つけることが出来るでしょう。

 キャッシング比較サイトには、それぞれのキャッシング会社のホームページがリンクされていますので、
ここだ!というキャッシングが見つかったら、その場でキャッシング会社のホームページから申し込む事が出来ます。

 インターネットキャッシングなら、審査も簡単で、スピーディーに行われます。

時間内に申し込み、融資が決定すると、即日振り込みも可能です。

インターネットの比較サイトを上手に利用して、自分に合ったキャッシングを見つけましょう

学生でもOKのキャッシング

勉強に忙しい学生にも、突然の出費はあるものです。

サークルの打ち上げ、ゼミ旅行、デートや合コン。

お金がかかることばかりです。

さらに、留学する事が決まったりしたら、アルバイト代だけでは足りない場合も出てきます。

 そんな時に頼りになるのが、学生専用のキャッシングです。

普通、銀行ローンでは融資してくれない学生にも、学生専用のキャッシングなら、柔軟に対応してくれます。

学生専用のキャッシングなら、審査も比較的緩いですし、金利も平均して低く設定してくれているので、借りやすいのが魅力です。

 また、時間内に申し込めば、忙しい学生諸君には嬉しい即日キャッシングも可能です。

また、短いスパンで、返済が可能な場合は、通常のキャッシングにもあるような、期間限定の無利息キャッシングを利用するとお得です。

融資されたお金を無利息期間に返済すれば、利息が付きません。

つまり、時間外の銀行ATMで貯金を引き出すより安く済むということです。

 学生時代は二度とやって来ません。

チャンスが目の前に訪れたら、それをモノにしなくてどうするの!?

後で後悔することにならないよう、学生専用のキャッシングを賢く利用して、後悔しない有意義なキャンパスライフを送りましょう。


専業主婦でもOKのキャッシング

専業主婦でも、突然の出費はあるものです。

むしろ、専業主婦の場合、水道光熱費などの支払いや冠婚葬祭など、直接お金をやりくりする立場にあるだけに、ピンチに陥る可能性は高いのかもしれません。

 しかし、定まった収入がない専業主婦に、キャッシングは出来るのでしょうか。

また、配偶者や家族に知られたくないキャッシングはどうすればいいのでしょうか。

 最近のキャッシングには、女性専用キャッシングというものがあります。

これは、女性を対象とした、キャッシングで、対応するスタッフがみんな女性という安心のキャッシングです。

たいていの場合、銀行ローンでは融資してくれない、専業主婦や、パートの人でもキャッシングがOKです。

 キャッシングの審査に通ったら、「在籍確認」が行われます。

これは、申込書に書かれている内容と、申込者の生活実態が違っていないかどうかを確かめる作業です。

通常、キャッシング会社の担当者から、確認の電話が入りますが、その際には、個人名でかかってきますので、本人がキャッシングを申し込んだことが、家族に知られる事はありません。

その点は安心ですね。

 しかし、いくら家族にはナイショのキャッシングでも、お金を借り入れる事に違いはありません。

出来る事なら、家族と相談してからのキャッシングが望ましいですね。

キャッシング時の在籍確認

キャッシング会社が審査の結果、融資可能と判断すると、受付担当者による申込者の在籍確認が行われます。

この在籍確認というのは、キャッシングの申し込み書に記入した住所や勤務先が
本当であるかどうかを確認するための手続きです。

 内容としては大体、次のようなことを確認します。

1・申込者の自宅の電話が使用可能であるかどうかの確認
2・申込者の自宅へ電話を掛け、記入されている場所に申込者が住んでいるかどうかの確認
3・申込者の携帯電話が常に本人と連絡が取れる状態にあるかどうかの確認
4・申込者の勤務先に電話を掛け、申込者が記入されている勤務先で働いているかどうかの確認

こういったキャッシング時の確認作業を「在籍確認」といいます。

 キャッシングを申し込んだ以上、在籍確認が行われるのは仕方の無い事ですが、やはり、勤め先に消費者金融から、キャッシングのための電話がかかってくるのは、あまり、嬉しい事ではありません。

でもその点は心配ご無用です。

受付担当者が自宅や勤務先に電話を掛ける際には、「○○キャッシングの××と申します」というように名乗ることは絶対にありません。

「△△と申しますが…」と必ず個人名でかけてきますので、金融業者からの電話であることはまず分からないでしょう。
タグ:在籍確認

キャッシングの上限額を把握しておきましょう

キャッシングを申し込んだ際に受ける与信審査は、融資が可能かどうかを審査するほかに、
個に人にはいくらくらいまでの融資をするか…つまり、最高限度額を決める為の審査もします。

 通常、小口の融資を意味するキャッシングでは、5万円くらいから、50万円くらいが貸し付け上限額になっています。

 主に申込者の収入を元に金額が決定されますので、当然収入が多い人には、高額の融資をし、反対に収入が少ない人には、低い額の融資が行われることになります。

 審査は、それぞれのキャッシング会社が、各々で行うため、キャッシング会社によって決定する融資額は、それぞれ違ってくる事になります。

つまり「キャッシング会社Aでは50万円が限度額」なのに、「キャッシング会社B」では30万円が限度額」ということも出てきます。

 そもそも、融資の限度額は、最大で50万円まで、または、収入の10%相当が借りられる上限の目安と考えておけばよいでしょう。
 
キャッシングを利用する以上は、自分の収入と照らし合わせてみて、自分は大体どれくらいまでのキャッシングが可能なのか、を、ある程度把握しておきましょう。

決して返済能力を超えた借り入れはしないように注意しましょう。
タグ:融資上限額


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。