キャッシングで問われる社会的属性

キャッシングの申し込みをしたら、キャッシング会社の審査を受けなければなりません。

これは、融資が可能かどうか、融資する場合、貸付上限額はいくらになるのか、などを決めるためのものです。

 この、申し込み時の審査の判断基準になるのが本人属性です。

具体的に言うなら、既婚、未婚、職業や年収、保険証の種別、住居の居住形態、居住年数などがこの属性になります。

 また、「他社利用件数」や「他社利用残高」なども、重要な属性のひとつです。

 例えば、職業についてみてみましょう。

アルバイトと公務員では、公務員の方が高属性となり、融資額が高くなります。

キャッシング会社としては、融資したお金と利息を確実に支払ってくれる人にお金を貸したいわけですから、安定した収入がある公務員が高属性になるのです。

 面白い属性の要素に「年齢」があります。

キャッシング会社のターゲット客層は20代から30代。

これは、このくらいの年齢層には、未婚者が多く生活費に回さなくても良いお金があるという目論見からです。

自由になるお金が多ければ、それだけ返済に回せるということですから、キャッシング会社にとっては安心なのです。

 キャッシングの審査では、属性の情報が多いとそれだけ審査が正確になり、的確なアドバイスをうける事が出来ます。
タグ:社会的属性


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。