キャッシングに担保は必要ですか?

 通常、銀行などの金融機関から融資を受ける場合、万が一、借りたお金を返せなくなったときのために担保と保証人を設定します。

 担保とは、借金の返済に充当するためにお金の代わりに用意するものです。

土地建物や株などの資産がそうです。

この担保を設定する事によって、大きな額の融資を受ける事ができるのです。

では、キャッシングの場合はどうなのでしょうか。

 今ではすっかりおなじみになったキャッシング会社のCMやホームページを見てみましょう。

ほとんどのキャッシング会社では、「担保、保証人は不必要」と謳っているのに気付くでしょう。

そうなのです。

ほとんどの消費者金融で、キャッシングに担保は必要ありません。

そのため、専業主婦や学生などもキャッシングが可能です。

担保や保証人なしの自分の身分書のみで手軽に借りれるのがキャッシングの手軽な所です。

このお手軽キャッシングが若年齢層にうけ、今では多くの人が気軽にキャッシングを利用しています。

 逆に担保が必要になる場合は、融資を受ける本人に、返済能力が無いと審査で判断された場合です。

万が一返済が出来なくなった場合でも、担保を売却して返済に充てたり、本人に代わって保証人に返済してもらうようになります。


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。