キャッシングとカードローン

キャッシングとカードローン。

二つはとてもよく似た意味を持つ言葉です。

ほとんど同じ意味で使われていますが、この二つの違いは何でしょうか。

 まず、ローンは融資されたお金を、何回かに分けて返済する借り方の事です。

ほとんどの場合、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンといった具合に使い途が限定されていています。

 融資の方法としては、直接支払い先にお金が振り込まれたり、銀行口座に振り込まれたりする方法で、カードで現金を引き出すということはありませんでした。

 ところが、近年、使い途自由な小額のローンが登場しました。

この場合、ローンでありながら、カードで引き出すので、「カードローン」と呼ばれるようになりました。

それによく似て、キャッシングとは、使い途が自由な、比較的小額の融資をいい、無担保、保証人無しで融資された現金を、キャッシングカードで引き出すという方法をとっています。

 キャッシングの返済方法は、基本的には一括返済ですが、リボ払いができるキャッシングも多く出ています。

 このように、キャッシングとカードローンの線引きは非常に曖昧です。

キャッシング会社でも、名前は違いますが、この二つをほとんど同意味で捉えているようです。


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。