キャッシング時の個人信用情報

キャッシングを申し込んだ場合の審査時に、キャッシング会社が審査の参考にするのが、個人信用情報です。

一時話題になった個人情報とよく似ていますが、この個人信用情報には、学歴、職歴、家族の情報、などの個人情報は登録されません。

キャッシングやクレジットの契約内容、利用状況、返済状況などに関する信用情報のみが扱われます。

 キャッシング会社は融資の申し込みを受けると個人信用情報機関から申込者の個人信用情報の提供を受け、それをもとに、返済能力などを審査します。

 この「個人信用情報機関」は、全国に33社ある民間の株式会社で、個人の信用情報を収集し、その情報を企業に提供する機関です。

 インターネットキャッシングなどでのスピーディーな審査の実現を可能にしたのも、
過剰融資が防止されるのもこの「個人信用機関」があるからこそなのです。

 キャッシングを申し込んだ時にもらう、会員規約の中には、「個人信用情報機関に登録することに同意します。」と書かれています。

これは、今回のキャッシングの情報を、登録するという意味です。

それに同意して初めてキャッシングが出来るのです。

個人信用情報機構に登録されると、次にキャッシングしたりローンを組んだ時、その会社の審査の参考になるわけです。


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。