キャッシング時の個人信用情報

キャッシングを申し込んだ場合の審査時に、キャッシング会社が審査の参考にするのが、個人信用情報です。

一時話題になった個人情報とよく似ていますが、この個人信用情報には、学歴、職歴、家族の情報、などの個人情報は登録されません。

キャッシングやクレジットの契約内容、利用状況、返済状況などに関する信用情報のみが扱われます。

 キャッシング会社は融資の申し込みを受けると個人信用情報機関から申込者の個人信用情報の提供を受け、それをもとに、返済能力などを審査します。

 この「個人信用情報機関」は、全国に33社ある民間の株式会社で、個人の信用情報を収集し、その情報を企業に提供する機関です。

 インターネットキャッシングなどでのスピーディーな審査の実現を可能にしたのも、
過剰融資が防止されるのもこの「個人信用機関」があるからこそなのです。

 キャッシングを申し込んだ時にもらう、会員規約の中には、「個人信用情報機関に登録することに同意します。」と書かれています。

これは、今回のキャッシングの情報を、登録するという意味です。

それに同意して初めてキャッシングが出来るのです。

個人信用情報機構に登録されると、次にキャッシングしたりローンを組んだ時、その会社の審査の参考になるわけです。

キャッシングの会社

キャッシング会社にもたくさんありすぎて、どこからキャッシングすればいいのかわからないくらいです。

キャッシングの会社には、どんな種類の会社があるのでしょう。

そして、それぞれの特徴は?

 現在あるキャッシングの会社には、次に挙げる3つの系統があります。

 1・銀行、銀行系…銀行本体が展開するキャッシング事業や、銀行と消費者金融が提携して作った会社などです。

他の2つに比べると、圧倒的に金利が低く、銀行が母体なので安心してキャッシングができます。

 2・消費者金融系…個人向けの小口融資をおこなっている会社です。

   テレビCMなどでよく見かけるのがこちらです。

   金利はやや高めですが、多くのキャッシング会社で、限定で金利無料のシステムをとるキャッシングプランがあります。
 
 3・クレジット系…クレジット・カードを発行している会社やその子会社が行うキャッシングです。

   今では、クレジット・カード自体にもキャッシング機能が付いている場合がほとんどで、カード・ローンとも呼ばれています。

 初めてキャッシングを利用する場合は、まず銀行・銀行系に申し込むのが安心です。

ただ、銀行系のキャッシングは審査が厳しい場合があります。

そこで融資を受けられなかったら、ほかの会社にあたるといいでしょう。

クレディアの女性専用キャッシングオリーブ

初めて利用する場合、希望融資金額が大きい場合、
女性なら、クレディアの女性専用キャッシングの「オリーブ」がお勧めです。

 東証一部上場企業のクレディアのキャッシングなので、初めての方でも安心です。

初めてのキャッシングではどうしても気後れしてしまう店頭での申し込みも、
クレディアなら対応するスタッフは全て女性。

 また、インターネットからの申し込みも可能です。

しかも13:00までに申込めばその日のうちに振込まれるというスピーディーな対応もうれしいですね。

 インターネットを利用する場合、審査に通るかどうかが心配な人は、
申込みシミュレーションがありますので利用するといいでしょう。

 実質年率も18.00〜28.00%と低く抑えられているので、
融資額が大きい人には利用しやすいキャッシングといえます。

 オリーブの大きな特徴のひとつが、最大100万円までのキャッシングが可能ということです。

大手の消費者金融では、通常上限額が50万円というキャッシングが多いので、
オリーブならゆとりのあるキャッシングができると言えます。

しかも初回に限り、15日間金利が無料になりますので大変お得です。

 返済方法も、振込み、銀行引き落としに加え、近くのファミリーマートでもOK。

非常に便利なキャッシングです。


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。