キャッシングの上限額を把握しておきましょう

キャッシングを申し込んだ際に受ける与信審査は、融資が可能かどうかを審査するほかに、
個に人にはいくらくらいまでの融資をするか…つまり、最高限度額を決める為の審査もします。

 通常、小口の融資を意味するキャッシングでは、5万円くらいから、50万円くらいが貸し付け上限額になっています。

 主に申込者の収入を元に金額が決定されますので、当然収入が多い人には、高額の融資をし、反対に収入が少ない人には、低い額の融資が行われることになります。

 審査は、それぞれのキャッシング会社が、各々で行うため、キャッシング会社によって決定する融資額は、それぞれ違ってくる事になります。

つまり「キャッシング会社Aでは50万円が限度額」なのに、「キャッシング会社B」では30万円が限度額」ということも出てきます。

 そもそも、融資の限度額は、最大で50万円まで、または、収入の10%相当が借りられる上限の目安と考えておけばよいでしょう。
 
キャッシングを利用する以上は、自分の収入と照らし合わせてみて、自分は大体どれくらいまでのキャッシングが可能なのか、を、ある程度把握しておきましょう。

決して返済能力を超えた借り入れはしないように注意しましょう。
タグ:融資上限額

キャッシングの返済術

キャッシングをしようと思ったら、返済のことも計画しておかなければ行けません。

キャッシングの返済額は低く設定しておくと月々の返済が楽です。

しかし、確かに楽ですが、それだけ借りる期間が長くなり、支払う金利も増えてしまいます。

これではもったいないですね。

 キャッシングの返済は無理をしない範囲で多めに設定するのが理想です。

あくまでも無理をしないということが大切です。

リボ払いの場合、支払い期限までのいつ返済してもOKですし、金額も設定金額以上なら多く支払う事も出来ますので、毎月の返済額は少し押さえ気味にしておき、余裕があるときには多く返済することも可能です。

 反対に、無理な返済額を設定してしまい、返済の期限日までに支払えなかった場合は少々困った事になります。

返済を延滞したという記録が、その人の個人信用情報に登録されてしまい、次回、他社でキャッシングをしようとした場合や、キャッシングの額を途中で多くしたいと思った時に延滞の事実が審査の妨げになる可能性があるのです。

信用を落としてしまいますので、延滞だけは決してしないようにしましょう。

 キャッシングの返済は、無理の無い範囲で多めに設定。これを心がけましょう。

えっ!キャッシングの方が得?

銀行のローンなどに比べて、金利が高いキャッシング。

それでも、審査が簡単で、手軽に利用できることもあり大人気です。

そんなキャッシングを上手に利用すれば、銀行よりお得になる事があるのです。

 例えば、よくあるこんなことを思い出してください。

夜、ショッピングをしていて、とても可愛い商品を見つけました。

しかし手持ちのお金が少し足りない!

慌てて銀行のATMで預金を引き出したら、時間外だったので手数料をとられちゃった…。

 そんな時、もしキャッシング・カードを持っていて、ATMが利用できるなら、キャッシングの方が安い場合があります。

金利計算の方法は普通、

利息 = 借入残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 利用日数

ですので、仮に2万円借りて、3日後に一括で返済できるとすると、金利は以下のようになります。

金利が20%だった場合

20,000×0.20÷365×3=33.33…

つまり、33円の利息がつき、30,033円の返済となります。

銀行ATMの手数料は105円。

他行の手数料になると210円もかかってしまいますので、キャッシングの方が断然お得です。

さらに、キャッシングなら、1週間利息が0円という場合もありますので、

時間外の引き出しはキャッシングの方が得!というわけです。


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。