キャッシングにかかる費用

銀行のATMで時間外に現金を引き出したなら、手数料がかかります。

では、キャッシングにかかる費用には何があるのでしょう。
 
まず、キャッシングを申し込んだ際に発生する費用を考えてみましょう。

申し込み料、入会料といった費用は、どこのキャッシング会社でも無料です。

 次に年会費などはどうでしょう。

クレジットの場合は年会費が必要になりますが、キャッシングの場合、年会費、カード発行料などは、全く必要ありません。

クレジット系の会社のカードでも、キャッシング専用のものであれば、入会金や年会費はかかりません。

カードに関する費用は0円なので、キャッシングはほとんど利用しないという人でも、
キャッシングカードを1枚持っておくといざという時に安心です。

 次に契約にかかるお金を見てみましょう。

契約書を交わす場合、契約書に収入印紙を貼らなければなりません。

通常、この印紙代の200円は申込者が負担します。

 融資が行われる際の、キャッシング会社から口座への振込み手数料は、会社が負担する事が多いです。

反対に、返済で銀行振込みを利用する場合の振り込み手数料は申込者が負担します。

しかし、他の返済方法の場合は、手数料がかかりません。

 以上のように、キャッシングにかかる費用はほとんどの場合が、印紙代と、利息のみということになります。

キャッシングの返済方法

当然のことですが、キャッシングをしたなら、必ず返済をしなければなりません。

キャッシングの大きな特徴のひとつとして、返済場所が多いということが挙げられます。

忙しい人も、返済が便利にできるようになっています。

 返済方法はまず、キャッシングをした会社の店頭に直接返済する方法があります。

この場合、キャッシング会社の窓口で返済をします。

 次に、銀行口座引き落としまたは、自動振り替えです。

この場合は、融資を受けた人の銀行口座から自動的に引き落とされます。

もうひとつが、銀行口座への送金という方法です。

これはキャッシングをした会社の銀行口座へ送金する方法です。

 さらに、キャッシングした会社のATMまたは全国の提携ATMに入金する方法があります。

最近では、キャッシング会社がコンビニエンスストアと提携し、コンビニでの返済も可能になりました。

 これらのうちのいずれかで、あなたのライフスタイルに合わせて、返済する事が出来ます。

 返済方式には、大きく分けて、一括返済と分割返済のふたつがあります。

キャッシング会社の多くは、分割返済を取り入れており一括返済や一時的な返済の増額にも柔軟に対応しています。

分割返済方式には、リボルビング方式と均等方式がありますが、一般的なのはリボルビング方式です。
タグ:返済方法

キャッシングの賢い利用法

通常、キャッシングで借りられる額は、最大で300万円くらいまでです。

比較的簡単な審査で小額の融資をうけ、短い期間で返済するというのがキャッシングの特徴です。

ですから、数百万円単位の融資を希望する人には、あまり、向いているとは言えません。

 では、便利なキャッシングの利用法とはどういうものなのでしょうか。

突然現金が必要になった時。

今どうしても現金が必要なのに、給料日は数日後だという場合など、小額の現金を借り、短いスパンで返済が可能な場合にキャッシングを利用すると良いでしょう。

 例えば、予定していなかった飲み会に誘われたけど、銀行はもう閉まっている…。

どうしても欲しかったあの商品が、今日だけの限定で発売されているのに給料日は2日後だ…
などという場合。

あなたは諦めるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

そんな時にこそキャッシングを利用してみてはどうでしょうか。

 キャッシングなら、提携ATMやCDでいつでも借り入れが可能です。

その際の手数料も、ほとんどのキャッシング会社では無料となっています。

銀行のATMで時間外にお金を引き出した場合には、手数料がかかりますのでキャッシングなら、手数料だけでもお得ですね。


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。