キャッシングの返済方法

当然のことですが、キャッシングをしたなら、必ず返済をしなければなりません。

キャッシングの大きな特徴のひとつとして、返済場所が多いということが挙げられます。

忙しい人も、返済が便利にできるようになっています。

 返済方法はまず、キャッシングをした会社の店頭に直接返済する方法があります。

この場合、キャッシング会社の窓口で返済をします。

 次に、銀行口座引き落としまたは、自動振り替えです。

この場合は、融資を受けた人の銀行口座から自動的に引き落とされます。

もうひとつが、銀行口座への送金という方法です。

これはキャッシングをした会社の銀行口座へ送金する方法です。

 さらに、キャッシングした会社のATMまたは全国の提携ATMに入金する方法があります。

最近では、キャッシング会社がコンビニエンスストアと提携し、コンビニでの返済も可能になりました。

 これらのうちのいずれかで、あなたのライフスタイルに合わせて、返済する事が出来ます。

 返済方式には、大きく分けて、一括返済と分割返済のふたつがあります。

キャッシング会社の多くは、分割返済を取り入れており一括返済や一時的な返済の増額にも柔軟に対応しています。

分割返済方式には、リボルビング方式と均等方式がありますが、一般的なのはリボルビング方式です。
タグ:返済方法

キャッシングの金利

キャッシングすると利息がつき、返済時に金利をを払わないといけません。

条件や、キャッシング会社によって大きく異なり、年利8%台から29.2%までと様々です。

 一般的に、銀行系のキャッシングが最も金利が低く大体18%前後です。

反対に、消費者金融系ですと、少々高めの25.55%〜29.2%くらい、クレジット系がその中間の18%〜25%くらいとなっています。

 ただ、消費者金融系のキャッシングの場合、初回利用者限定や、毎月きちんと返済していることを条件に、一定期間の利息が0円というサービスをおこなっている会社がたくさんあります。

 また、クレジット系の中には、年利が5%台や8%台という低金利で借り入れが出来る
キャッシングプランもあります。

 金利計算の方法は普通、

利息 = 借入残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 利用日数

で計算し、1円未満の端数は切り捨てになります。

例えば、5万円を年利20%で1週間借り入れた場合は

50,000×0.20÷365×7=191

で、191円の利息が付くことになります。

ここで、利用日数とは借りた日の翌日から返済日までのことで、キャッシングをした当日は含まれません。

ですから極端な話、上の場合でも、5万円をキャッシングしたその日に返済すれば、利息はかからないということです。
タグ:金利
| 低金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングの会社

キャッシング会社にもたくさんありすぎて、どこからキャッシングすればいいのかわからないくらいです。

キャッシングの会社には、どんな種類の会社があるのでしょう。

そして、それぞれの特徴は?

 現在あるキャッシングの会社には、次に挙げる3つの系統があります。

 1・銀行、銀行系…銀行本体が展開するキャッシング事業や、銀行と消費者金融が提携して作った会社などです。

他の2つに比べると、圧倒的に金利が低く、銀行が母体なので安心してキャッシングができます。

 2・消費者金融系…個人向けの小口融資をおこなっている会社です。

   テレビCMなどでよく見かけるのがこちらです。

   金利はやや高めですが、多くのキャッシング会社で、限定で金利無料のシステムをとるキャッシングプランがあります。
 
 3・クレジット系…クレジット・カードを発行している会社やその子会社が行うキャッシングです。

   今では、クレジット・カード自体にもキャッシング機能が付いている場合がほとんどで、カード・ローンとも呼ばれています。

 初めてキャッシングを利用する場合は、まず銀行・銀行系に申し込むのが安心です。

ただ、銀行系のキャッシングは審査が厳しい場合があります。

そこで融資を受けられなかったら、ほかの会社にあたるといいでしょう。

キャッシングの賢い利用法

通常、キャッシングで借りられる額は、最大で300万円くらいまでです。

比較的簡単な審査で小額の融資をうけ、短い期間で返済するというのがキャッシングの特徴です。

ですから、数百万円単位の融資を希望する人には、あまり、向いているとは言えません。

 では、便利なキャッシングの利用法とはどういうものなのでしょうか。

突然現金が必要になった時。

今どうしても現金が必要なのに、給料日は数日後だという場合など、小額の現金を借り、短いスパンで返済が可能な場合にキャッシングを利用すると良いでしょう。

 例えば、予定していなかった飲み会に誘われたけど、銀行はもう閉まっている…。

どうしても欲しかったあの商品が、今日だけの限定で発売されているのに給料日は2日後だ…
などという場合。

あなたは諦めるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

そんな時にこそキャッシングを利用してみてはどうでしょうか。

 キャッシングなら、提携ATMやCDでいつでも借り入れが可能です。

その際の手数料も、ほとんどのキャッシング会社では無料となっています。

銀行のATMで時間外にお金を引き出した場合には、手数料がかかりますのでキャッシングなら、手数料だけでもお得ですね。

キャッシングとカードローン

キャッシングとカードローン。

二つはとてもよく似た意味を持つ言葉です。

ほとんど同じ意味で使われていますが、この二つの違いは何でしょうか。

 まず、ローンは融資されたお金を、何回かに分けて返済する借り方の事です。

ほとんどの場合、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンといった具合に使い途が限定されていています。

 融資の方法としては、直接支払い先にお金が振り込まれたり、銀行口座に振り込まれたりする方法で、カードで現金を引き出すということはありませんでした。

 ところが、近年、使い途自由な小額のローンが登場しました。

この場合、ローンでありながら、カードで引き出すので、「カードローン」と呼ばれるようになりました。

それによく似て、キャッシングとは、使い途が自由な、比較的小額の融資をいい、無担保、保証人無しで融資された現金を、キャッシングカードで引き出すという方法をとっています。

 キャッシングの返済方法は、基本的には一括返済ですが、リボ払いができるキャッシングも多く出ています。

 このように、キャッシングとカードローンの線引きは非常に曖昧です。

キャッシング会社でも、名前は違いますが、この二つをほとんど同意味で捉えているようです。


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。