キャッシングに担保は必要ですか?

 通常、銀行などの金融機関から融資を受ける場合、万が一、借りたお金を返せなくなったときのために担保と保証人を設定します。

 担保とは、借金の返済に充当するためにお金の代わりに用意するものです。

土地建物や株などの資産がそうです。

この担保を設定する事によって、大きな額の融資を受ける事ができるのです。

では、キャッシングの場合はどうなのでしょうか。

 今ではすっかりおなじみになったキャッシング会社のCMやホームページを見てみましょう。

ほとんどのキャッシング会社では、「担保、保証人は不必要」と謳っているのに気付くでしょう。

そうなのです。

ほとんどの消費者金融で、キャッシングに担保は必要ありません。

そのため、専業主婦や学生などもキャッシングが可能です。

担保や保証人なしの自分の身分書のみで手軽に借りれるのがキャッシングの手軽な所です。

このお手軽キャッシングが若年齢層にうけ、今では多くの人が気軽にキャッシングを利用しています。

 逆に担保が必要になる場合は、融資を受ける本人に、返済能力が無いと審査で判断された場合です。

万が一返済が出来なくなった場合でも、担保を売却して返済に充てたり、本人に代わって保証人に返済してもらうようになります。

キャッシングの与信審査について

キャッシングを申し込んだら、あなたの属性を元に融資が可能かどうかの審査があります。

この審査の事を「与信審査」といい、読んで字のごとく、信用を与えるための審査となります。

ここで使われている「信用」とは、通常使う信用の事ではなく、キャッシングの形態である、担保や保証人なしの融資が出来るかどうかの信用という意味です。

つまり、その人にいくらまでお金を貸しても大丈夫かという信頼の度合いなのです。

 キャッシング会社は与信審査をおこなうにあたって、「4つのC」を基準に審査します。

1・Character…人間性
2・Capacity…返済能力
3・Capital…資産
4・Control…自己管理能力 

なかでも返済能力と資産が中心的に審査されます。

キャッシング会社によっては、申告した会社に本人が本当に勤務しているかどうかを確認するために、申込書にかいた会社に確認の電話がかかってくる場合があります。

会社にキャッシング会社から電話がかかってくる?

これはあまりいい印象を与えません。

でもご安心ください。

通常、キャッシングの確認電話の場合、あなた宛に個人名でかかります。

「○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか」

といった感じなので、あなたがキャッシングをしている事が知られる心配はありません。
タグ:与信審査

キャッシングで問われる社会的属性

キャッシングの申し込みをしたら、キャッシング会社の審査を受けなければなりません。

これは、融資が可能かどうか、融資する場合、貸付上限額はいくらになるのか、などを決めるためのものです。

 この、申し込み時の審査の判断基準になるのが本人属性です。

具体的に言うなら、既婚、未婚、職業や年収、保険証の種別、住居の居住形態、居住年数などがこの属性になります。

 また、「他社利用件数」や「他社利用残高」なども、重要な属性のひとつです。

 例えば、職業についてみてみましょう。

アルバイトと公務員では、公務員の方が高属性となり、融資額が高くなります。

キャッシング会社としては、融資したお金と利息を確実に支払ってくれる人にお金を貸したいわけですから、安定した収入がある公務員が高属性になるのです。

 面白い属性の要素に「年齢」があります。

キャッシング会社のターゲット客層は20代から30代。

これは、このくらいの年齢層には、未婚者が多く生活費に回さなくても良いお金があるという目論見からです。

自由になるお金が多ければ、それだけ返済に回せるということですから、キャッシング会社にとっては安心なのです。

 キャッシングの審査では、属性の情報が多いとそれだけ審査が正確になり、的確なアドバイスをうける事が出来ます。
タグ:社会的属性

キャッシング申し込みA

キャッシング会社に融資を申し込んだら、必ず、融資が可能か不可能かの審査を受けなければなりません。

キャッシング会社はそれぞれ独自の審査方法で融資が可能か不可能かを審査し、決定します。

さらに、融資が可能な場合、キャッシングの上限額も決定されます。

申込者の信用が高ければ、借入限度額が高くなり、信用が低ければ限度額も低くなったり、
場合によっては融資を断ったりします。

 インターネットでの審査の場合、早い所では、10秒でのスピード審査ができます。

通常では、30分ほどで審査結果がでます。

最近では、どんどん審査時間が短くなり、即日融資が可能になってきました。

ただし、申し込んだ時間によっては即日キャッシングはできない時もあります。

 一般的なところでは、12:00を過ぎると即日キャッシングが出来ないところが多いようです。

 キャッシングの審査で重要視されるのは、やはり本人の職業や年収、利用歴でしょう。

職業は、公務員や正社員の評価が高く、自営業・派遣・アルバイト等は評価が低いとされています。
 
利用歴では、現在の他社借り入れ状況や、過去の破産歴の有無などが審査されます。

複数のキャッシング会社で融資を受けていたり、返済の遅延が続いていたりすると審査に通らない事もあるようです。



キャッシング申し込み

消費者金融や銀行からキャッシングをする場合は、
まず、融資を受けたいキャッシング会社に申し込みをしなければなりません。

申し込みの方法としては、次の3つの方法があります。

それらの中からニーズに合った方法を選びキャッシングを申し込みましょう。

 まず1つ目の方法が、店頭窓口での申し込みです。

直接キャッシング会社に出向いてスタッフと対面で申し込むわけですから、
初めてキャッシングをする人にとっては少々行き辛いものがあるかもしれません。

女性の場合は、女性専用キャッシングというものがあります。

この場合、スタッフが全て女性なので気楽に申し込む事が出来ます。

 2つ目は自動契約機による申し込みです。

必要事項を入力してその場で審査、カード発行という流れになります。

 最後がインターネットによる申し込みです。

自宅にいながら、パソコンから申し込む事が出来ます。

忙しくて、店頭まで行く時間が無い人や、対面での申し込みには気が引ける人には、
このインターネットでの申し込みがお勧めです。

 上記の3つの申し込みのどれを選択しても、キャッシングの審査結果には何の影響もありません。

自分のライフスタイルに合った、やりやすい申し込み方法を選びましょう。
タグ:申し込み


なんどでも1週間無利息【ノーローン】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。